人のふんどしで相撲を取る

私が本当は口に出して言いたいこと

不登校

子どもの未来

不登校は「あり」か「なし」か。 45歳、無職、独身。 母親と二人、母親の年金をたよりに暮らしている。 一日の大半を寝ているかパソコンの前で過ごし、母親からもらう小遣いでゲームを買う。母親がもし死んだら、生活保護をうけるしかないと自嘲気味に笑う。…