人のふんどしで相撲を取る

私が本当は口に出して言いたいこと

弱みを見せないということ

 

んー…、なかなかうまく説明できない。

 

 

「あなたのこういうところが嫌いだ」と、

「こういうところが良くないよ」と、

誰かに言うのはとても難しい。

 

相手が大人で、自分よりも年上であればなおさら。

 

あまりそういうことは、わざわざ言うもんじゃないよ。と、

誰もがわかってる。

だから、敢えて言うことはない。

 

たとえ目に余っても、

本人以外のみんなが知っていて、本人だけが気づいていなくても。

たとえ本人のいないところで嘲笑の対象になっていたとしても。

 

なぜなら、

自分の良くない点を面と向かって指摘されて、

それを受け止められる人間は、意外と少ない。

 

どんなに温厚そうに見える人でも、

信頼の厚いように見える人でも、

欠点を指摘された瞬間に、鬼になる。

 

これは、真実。

 

 

だから、本当はそんなことは言いたくないのだけど、

むやみと人の欠点を指摘するものじゃないよ。と、

アドバイスしてしまいました。

 

 

というのは、

 

その学生が、

誰もが信頼する、温厚で、思慮深く、経験を積んだ、

立派(だと思われている)教師から

誰にも気づかれないようにそっと、

でも、あからさまに、

無視されている現場を見てしまったから。

 

はい、残念でした!

 

誰にも気づかれてないと思ったのでしょうけど、

私、見てたからね。

 

あと数年で定年を迎えるおじいちゃん先生。

ほのぼのとした容姿に、おだやかな語り口の、

優しい、優しい、でも立派な、信頼の厚い、×××先生。

 

私、学校中の人に、近所の人たちみんなに、

保護者に、しゃべっちゃうかもしれないよーーー。

ママさんたちのランチタイムの格好のネタになるねーーー。

噂が広まるのは時間の問題。

 

でも、そんなことはどうでもいい。

 

本当の問題は、

あなたが、教師という権力をかさにして、

学生の心を踏みにじったということ。

 

これはあなたの30年の教師生活の総仕上げとして

とてもふさわしい出来事でしたね。

人の良さそうな温厚な教師を演じてきた、

それを上手くやり遂げてきたつもりのあなたの、

本当の姿を人目に晒してしまった。

ま、当然の結末でしょう。

 

 

それでですね、

その子に、私が重ねて伝えたのは、

 

自分が相手を嫌っていることを、

その人に知られてはいけないということ。

 

自分が相手を嫌っていることをわざわざ相手に伝えるのは

弱みを見せるのと同じこと。

だから、知られちゃいけない。

弱みを見せたら危険な人間が、世の中には五万といる。

 

もし、黙っていることが耐えられなかったら、

苦しくなったら、

本当に信頼できる人だけに打ち明けなさい。

 

あなたのことを本当に、心から思ってくれる人。

それは、両親とは限らない。先生とは限らない。

友達の一人かもしれないし、出会ったばかりの人かもしれない。

今はまだ見つからなくても、

どこかに必ず、そういう人が見つかるから。

 

その人には、弱みを見せても大丈夫。