人のふんどしで相撲を取る

私が本当は口に出して言いたいこと

誘ってね~

 

という、心理。

 

社交辞令というやつ?リップサービス

 

そういうのを真に受けるやつが悪いという意見を聞いたことがあって、「だったら言うなよ」という一言が、のど元まで出かかる。

 

リップサービスとして、「お食事に行きましょう」「ランチしましょう」と、私に言ってくれる。わざわざ、サービスとして。実際に行く気もないのに。

 

サービス?

 

そんなサービス求めていないし、「はい、ぜひ!」とうっかり真剣に応えてしまったら、「は?なに真に受けてんだよ、リップサービスだろ。あほか!」と罵られるというトラップつき。

 

どこが、サービスだ!

 

さらに悪意を持ったやつらは、「誘ってね」という逆バージョンのリップサービスをよこす。

 

サービスと言いつつ、実際に動くのはこちら。誘ってねの5文字を口に出すだけで、誘われたほうはスケジュールを調整し、お店を探し、「いかがですか?」というお誘いをしなければならない。

誘ったら最後、「は?なに真に受けてんだよ!」と罵られるというトラップつき。

 

 

ふーーー。

 

自分の言ったことに責任持とうよ。