人のふんどしで相撲を取る

私が本当は口に出して言いたいこと

巡り巡って回ってきた話

 

数年前に近所に住んでいたNさんは、

 

・自慢話がすごい

・嫌いな人をディスるディスるディスる

・せこく、ケチ

・怠け者でサボり魔

・だけど、サボる人を許さない

・なんでも誰かに頼む

・電話してきて、電話口で煎餅食べてる

・でも小心者

という、正真正銘のゲスの極み乙女。

 

嫌いだったが、大人な対応をしていたら、

そのうち勝手にあちこちでトラブルを起こし、

ひとりで怒って、引っ越して行った。

めでたし、めでたし。

 

 

 

その後、

とあるコミュニティで知り合ったMさんが、

「びっくりした話」として、語ってくれたストーリー。

 

Mさんの子どもの習い事コミュニティに、

まあまあ幅を利かしている一派に属する、nという人物がいた。

上に媚び、下に威張るテンプレ。

子どもはビビリのくせに、弱いものいじめ。

関わることはなかったのだが、

その一派の仲間たちが続々と移籍していき、

nはぽつんと取り残された。

nは、今まで見下していた人たちに急接近。

人の良いMさんは、かなりnに世話を焼いてやったらしい。

やがてnは、

講師と揉めて、怒って辞めていった。

めでたし、めでたし。

 

 

 

その後、Mさんはパートを始めた。

職場で知り合ったKさんと休憩をしていたときに、

ご近所トラブルの話になり、

Kさんの子どもの幼稚園時代に、

怒り狂って辞めていった人の話になった。

 

 

Kさんの子どもが通う幼稚園に、

一見人当たりがよいが、

真面目に付き合おうとすると

こちらが病んでしまうような、

トラブルメーカーがおったそうな。

 

・仲間はずれ

・いじわる攻撃

・くれくれ

・ランチ代踏み倒し

・でたらめな噂をばらまく

・気の弱そうな人をパシリに使う

などなど、悪の限りを尽くした。

そして、勝手にトラブルを起こし

去って行ったというわけ。

めでたし、めでたし。

 

 そして、そのトラブルメーカーはというと、

Mさんがかつて出会った危険人物、

nその人であった!

家族の名前も家族構成もビンゴ!!

 

「世間って、狭いのね~」

とほのぼのと話す、Mさん。

 

その横で、驚愕する私。

そのnとはまさに、前述のNであった!

 

 

世間って狭いな~

人口ウン十万の、わりと大きな街なんですけどね!